奄美学美遊美講座と加子母ヒノキで作る「着付け美人」

さてさて、
本日から奄美です。~19日まで。
大好きな奄美でのんびり~とはいかないわけで・・・。
ハゲ~、キバランバ~~~。 

奄美学美遊美講座9~11日 ネリヤのの旅

  • 奄美手帳2016 ご挨拶
  • 島尾忌 11月12日 17:00記念日の前
    18:30~ 奄美観光ホテル
  • 全国奄美ゴルフ大会 祝賀会13日、ゴルフ14日
  • 大島紬染色、織り 森の微笑 羽衣の八掛仕上げ
  • 大島紬のの撮影 15~17日
  • 大島北高校 郷土講演会 11月18日(水)の講演会の演題
    「シマ(奄美群島)と関わり続けてうまれた物語り」
  • 展示会のご協力いただいた方へご挨拶など

このような日程で動いています。
どこかでお会いできるかと・・・

「キモノ着付け美人」を加子母のヒノキで試作製作案進行中

「美人の巨木が岐阜の加子母にはあり、樹木の神がいるらしいよ」
ののさんは聞きました。
伊勢神宮 外宮(げくう)に奉納される檜木は、村の人々の守りの木。
この木に祈り暮らしてきました。

身を引き締め、優しくつつむヒノキ。
和服美人さんの刀の役割になる便利で美しい棒。
脇口、帯シワ、背のシワ、おはしょりをスッキリ整え、締める役割りも。

着付けのシワも一網打尽にする凄者。
着付ける方も、着る人もみんな美人にしてくれる、樹木の神からの授かり物です。

試作製作案進行中の「着付け美人」、写真をご覧ください。
*このしゃもじは、切符です。 となりの朝ごはん的な。実際はこれじゃないよ。

You may also like...

コメントを残す