織・むすぶ

ori-01x1000
代々受け継ぐ着物をのこしたい、着なくなったしまったままの着物を再生したい。受け継がれた着物は、紙布を張り、裂き織りし、新たな命をうけてまた糸に戻す。縦糸に大島紬糸をたて、横糸に受継糸を織る。手紡ぎされた絹糸や芭蕉を組み合わせ織り上げてゆき、帯となって新たに人々に結ばれるのです。

コメントを残す