纏・まとう

matou-01x900
絹を身につけるとカラダは喜びます。ショールや着物など様々な入り方があってよい。着物を2部式に仕立て、コートや羽織に作り替えることも楽しい。簡単に着付けできればいつでも着れる。「着ないなら、切ってでも着る」。その選択肢もある。まずは着姿を学び、そのあと着付けを習う事をおすすめしたい。

コメントを残す